工場や、倉庫の屋根に、自家消費型太陽光発電のカギ!!

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

工場や、倉庫の屋根に、自家消費型太陽光発電のカギ!!

カネザワ太陽光ブログ

2019/12/10 工場や、倉庫の屋根に、自家消費型太陽光発電のカギ!!

太陽光発電システムの新たなあり方として、近年注目を集めているのが自家消費型太陽光発電です。工場や、倉庫、企業の屋根に太陽光発電を設置して売電をせず、工場や企業、家庭内ですべての発電した電力を消費する方法です。

倉庫や、工場のやねにせっちする自家消費型太陽光発電は、税制優遇や、電気代削減、余剰売電の3本柱で、投資回収年数の短縮化が図れるなどのメリットが期待できます。

 

ただし、導入に際しては、固定買い取り制度で行っていた、できるだけ敷地や屋根に太陽光発電を設置して発電量を増やし売電するのではなく、それぞれのお客様の使い方に見合った設計が必ず必要となります。

 

%e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%a8%e7%99%ba%e9%9b%bb%e9%87%8f

上記のように発電量が消費電力を超えてしまうと、上記左図のように超えた場合、逆潮流(電気が電力会社の電線(系統)へ流れてしまうこと)してしまうので要注意です。

多くの電力会社では、固定買い取り制度でない限り(場合によりますが)事前の相談と、基本的には逆潮流はさせてはいけない場合が多いです。

 

かといって、上記右図のように消費量よりかなり少ない設備を導入するとピーク時の節電の割合がかなり少ないので効果が薄れてしまいます!

 

%e7%99%ba%e9%9b%bb%e9%87%8f%e6%9c%80%e5%a4%a7%e5%8c%96

弊社では、お客様の電気代の使用量や契約内容を確認して、お客様毎に最適なご提案をさせていただいております。

上記のように、詳しくは別の機会に紹介しますが、電気の使用量を監視して、発電量を最適にするシステムをご提案しております。

簡単にいうと、日射量に応じて、また社内の電力需要をみながら最適の条件で電力を供給するシステムを提供しています。

 

自家消費型太陽光発電設備導入費1,500万円、発電容量90kw、年間の電気代削減量約90,000kwh、年間で150万円から180万円(税込)の電気代を削減されている企業様もいらっしゃいます。

今しかない補助金、税制優遇も利用できればさらにお得です!!

企業の環境対策に力を入れている国の政策があるうちに導入のご検討をしていただければと思います。

 

自家消費とは、自分で使う電気を自分で発電することです。

自家消費型太陽光発電は、クリーンで発電のエネルギー源となる太陽光にコストはかからないのです。(メンテナンス維持管理費は必要ですが)そして、空いている工場の屋根や倉庫の屋根を利用します。構造上の強度が心配、どれくらい設置できるのか、安全なのか、発電はちゃんとするのか、機械の保証は?など、何でも構いません、少しでも、自社の倉庫や工場の屋根を活用したい方、知りたい方見積だけでも構いませんので是非ご検討をお願いいたします!!

TOP