こんな状況下こそ 自家消費型太陽光

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

こんな状況下こそ 自家消費型太陽光

カネザワ太陽光ブログ

2020/07/06 こんな状況下こそ 自家消費型太陽光

COVID-19の影響で生活や経済に暗い影を落としています。

とは言え、自粛によって経済活動を停止することも限界点に達しており

第2波の危険性がありながらも徐々に自粛規制も緩和されています。

 

 

d12501-235-392461-1

 

 

生産性の低下や受注や需要の落ち込みに関わらず、企業を圧迫するものは

経費、とりわけ電気代などの固定費です。

 

事業運営をしていくにあたっては電気は一定量必ず使用しなければならず

電気料金そのものも上昇傾向にあります。

 

御存じの通り、年々再生可能エネルギー促進賦課金は上昇しており、

高効率空調や照明などで電気コスト削減をしても、数年後にはその価値が

失われている可能性が高いです。

 

だとすれば、自前でエネルギーを創り出し、エネルギー購入そのものを

なくすか、激減させるよりありません。

 

数ある再生可能エネルギー生成設備の中でも太陽光は安定性と導入の

し易さ、コスト的に優れています。

 

カネザワはFIT制度発足とほぼ時を同じくして太陽光の分野に参入し、

埼玉北部、群馬県において実績を積み重ねております。

 

自家消費型太陽光のお問合せやご相談など、ご気軽にカネザワまでどうぞ。

 

お問合せはコチラから ↓

 

お問い合わせ

 

 

TOP