災害対策として蓄電池を導入すべき理由とは?

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

災害対策として蓄電池を導入すべき理由とは?

カネザワ太陽光ブログ

2021/04/12 災害対策として蓄電池を導入すべき理由とは?

1

今回は災害対策としての産業用蓄電池の有効性について解説いたします。

 

そもそも産業用蓄電池とは何なのか、災害対策と産業用蓄電池の関係性についてご紹介させていただきます。

 

2

まず、「蓄電池」とは充電して電気を貯めておくことができ、必要な時に電気機器に電気を供給することができる二次電池・バッテリーのことです。

東日本大震災が発生してから緊急時に備えたバックアップ体制を整えておくことが必要という認識が広がってきました。

 

蓄電池には「家庭用」と「産業用」があります。家庭用は一般家庭に設置するもので、産業用は工場やオフィス等に設置する蓄電池のことを示します。

家庭用蓄電池と産業用蓄電池の違いに明確な定義はありませんが、一般的には「容量の違い」であるとされています。基本的に産業用蓄電池のほうが容量は大きいです。

 

3

産業用蓄電池のメリットは大きく2つあります。

 

BCP対策として、非常時の電力確保ができる

災害時に停電が発生した場合でも蓄電池で平時から電気を貯めておくことで、緊急時であっても電力を確保することができるため、営業を継続することが可能となります。これはBCP対策の一つです。また、太陽光発電と併せて導入することでさらに電力を自給自足することができるようになります。

 

 

デマンドレスポンスによって、ピーク時の電力を削減することで基本料金を下げることができますので、電気料金の削減が可能となります。

 

4

先ほど、ご紹介させていただいた、産業用蓄電池のメリットの一つであるBCP対策の一環となるという点についてより詳細に解説させていただきます。

 

まず、BCP対策についてご説明いたします

 

5

 

BCPとは「Business Continuity Plan」の略で「事業継続計画」の略になります。

企業が非常事態に遭遇した場合に、その被害を最小限にとどめ、事業の継続あるいは早期復旧ができるように、平時から行うべき活動や緊急時の対応方法を取り決めておくことをいいます。

 

メリットは大きく3つあります。

①大災害など緊急事態が発生しても対応力の高い企業になる

②顧客からの信用度が高まる

③会社の業務を見直すし、緊急時に素早く対応できる

 

BCPとは自社の社員を守り、そして自社の信頼にも関わる重要なものなのです。

 

6

 

以下の項目はBCP対策を行う上でのよくあげられる検討事項です。

  • 災害・テロ対策のマニュアル完備
  • 災害時の避難経路の確保
  • 緊急時の協力会社物・資支援先の確保
  • 事業継続計画・事業回復計画の策定
  • ・災害時の電力供給方法の確立

 

上記に挙げたものはどれも企業の根幹にかかわる非常に重要なものですが、ひときわ重要なものは「災害時の電力供給方法の確保」です。事業の継続のみならず自社で働く従業員の命を守るためにもこの問題をクリアできるかどうかは非常に重要です。

 

この問題をクリアするために効果的なソリューションとして期待されているものが「産業用蓄電池」です。

産業用蓄電池に電気をためておくことで、緊急時に停電が発生し、電力会社からの電力供給がストップしてしまっても、蓄電池にある電気を利用することができます

 

7

 

また、太陽光発電を導入していれば、日中は太陽光発電で発電した電力を利用し、夜間や悪天候の際には昼間に発電した余剰分を蓄電池に貯めておくことで、電力を確保することが可能となり、電気の自給自足ができるようになります。

 

このように、産業用蓄電池を導入することで、停電が発生しても経営を継続することができるようになります。

 

8

弊社では群馬県、埼玉県を中心に自家消費型太陽光発電・蓄電池を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください!

また、BCP対策についての情報や太陽光発電や企業のお役立ち情報を無料でダウンロードいただける資料もご用意しております!興味のある方はこちらからご覧ください!

 

無料お役立ち資料請求

 

 

 

 

TOP