令和3年度に活用できる優遇税制を解説!企業がお得に節税する方法とは?

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

令和3年度に活用できる優遇税制を解説!企業がお得に節税する方法とは?

カネザワ太陽光ブログ

2021/05/08 令和3年度に活用できる優遇税制を解説!企業がお得に節税する方法とは?

1

自家消費型太陽光発電の導入は電気代削減効果や非常用電源としての役割などのメリットが

ありますが、それだけでなく「節税」というメリットもあります。

今回は自家消費型太陽光発電の導入による節税方法についてご紹介いたします。

 

2

自家消費型太陽光発電を導入する際に、「中小企業経営強化税制」と

「中小企業投資促進税制」の2つを活用することができます。

 

これらの2つの優遇税制は令和5331日まで活用ができます。

簡単にこの2つの優遇税制についてご説明します。

 

<中小企業経営強化税制>

中小企業経営強化税制とは、中小事業者の設備投資による企業力の強化や生産性向上を

後押しする制度です。中小企業者が、認定を受けた経営力向上計画に基づいて新たな

設備を取得し、指定された事業にそれを利用すると、即時償却、または取得価額の10%

(または7%)の税額控除が受けられる税制です。

 

<中小企業投資促進税制>

「中小企業投資促進税制」とは、中小企業の設備投資を後押しするために設けられた制度です。中小企業者などが、新品の機械などを取得して事業に利用した場合に、その取得価額の7%相当額(法人税額の20%が限度)が、法人税額から直接差し引くか、取得価額の30%の

特別償却の適用を受けることができます。

では、実際これによりどのくらい節税効果があるのか、即時償却、特別償却、税額控除の

それぞれ3つについて、例をご紹介いたします。

 

3

ではこれから、自家消費型太陽光発電を導入した際にそれぞれどのくらいの節税効果があるのか、解説していきます。

 

4

即時償却とは、設備投資を行った初年度に、取得価格を100%経費として計上できる償却方法です。

その事業年度に大きな利益が出る場合に、節税効果を高めることができること、高額な設備投資であれば、その事業年度に法人税を支払いしなくても良いというメリットがあります。

一方で、単年度のみの節税対策となるので、翌年度以降に大きな利益が出た場合に、当該取得設備の償却が出来ないという点は注意が必要です。

 

税前利益3,000万円の企業が1,000万円の太陽光発電を購入した場合を例に考えてみましょう。

 

5

 

6

特別償却とは、設備を導入する際に、通常の減価償却費に加えて30%の償却ができる税制優遇です。

即時償却に比べると効果は薄くなりますが、設備投資を実施した翌年の税金を抑えることが出来ること、そして特別償却は「1年間の繰越」が可能であり、設備投資を行った事業年度に特別償却を行うと赤字が出てしまう場合に翌年に持ち越しすることができるというメリットがあります。

ただ、上記の1年間の繰越をする際に申告処理が複雑となるため、税理士への個別相談をお勧めいたします。

 

では優遇税制を活用し30%の特別償却した場合の節税効果を考えてみます。条件は先ほどと同様に1,000万円の太陽光発電を導入した場合です。

 

7

 

8

税額控除とは、減価償却として経費計上は行いますが、税額(課税対象額×税率)から、取得価格の10%(又は7%)分を差し引くことができるという特徴があります。

 

なお、差し引ける金額(控除額)は、その事業年度の法人税額の20%相当額を超える場合には、控除可能額は20%相当額が対象となります。

通常の減価償却とは別に、法人税額を抑えられることができるというメリットがありますが、控除可能な税額が法人税の20%までである点に注意しましょう。

 

先ほどと同様に税前利益3,000万円の企業が1,000万円の太陽光発電を購入した場合を例に考えてみましょう。

 

9

 

上記のように算出でき、180万円の税額控除が可能となります。

いかがでしたでしょうか?

太陽光発電の導入により、これだけの節税が可能になります!

企業様によって、どの方法を活用すべきか異なります。

例えば、単年度で大きく増収を見込んでいる企業様であれば、その事業年度に設備投資をして、「即時償却」をした方がお得になりますし、支払する税金の総額を抑えたいのであれば、税額控除を利用するのがよいでしょう。

普段からお付き合いされている税理士の先生へご相談してみるもの良いかと思います。

いずれにせよ、このように制度を活用することで、節税が可能になります!

 

弊社では群馬県、埼玉県を中心に自家消費型太陽光発電を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください!

また、太陽光発電や企業のお役立ち情報を無料でダウンロードいただける資料もご用意しております!興味のある方はこちらからご覧ください!

 

無料お役立ち資料請求

 

 

TOP