自家消費型太陽光発電

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

自家消費型太陽光発電

自家消費型太陽光発電

main-img
img02

電気代を削減したい経営者の方へ
こんなお困りごとはありませんか?
 

  1.  毎月の電気料金が20万円以上ある
  2.  自社の建物、工場の屋根を有効活用したい
  3.  災害時にも最低限の電力を確保したい
  4.  同業者とは異なる取り組みで社会貢献したい
  5.  CSR活動で企業のイメージアップを図りたい
  6.  ESG投資の投資先となる要因を強めたい
  7.  電力会社の切り替えや、交渉手続きが面倒
img02

どうして 自家消費型太陽光発電を薦めるの?

「自家消費型太陽光」は決して新しい技術ではなく、固定価格買取制度の開始前はこの方式が主な太陽光の利用方法でした。 近年の「買取単価の低下」と「電気代の上昇」により、作った電気は「売電」ではなく「自家消費」させ、購入量を減らす方が メリットがある場合も増えてきており、時代の経過とともにあらためて注目を集めています。

理由1:売電価格の下落

太陽光発電を普及させるきっかけになったのが、買電価格よりも高い売電価格(買取価格)を、一定期間可能にした「固定価格買取制度」です。 ですが、太陽光発電の売電単価は普及が進むにつれて年々下がってきています。 2019年度太陽光発電の売電価格は1kWh当り14円/kWh(税別)。

osusume_illust01

理由2:電気料金単価の高騰

東日本大震災以降、頻繁に電気料金の引き上げが実施されております。震災後は原子力発電は激減。その分を火力発電や太陽光発電等による発電でカバーする状況となっています。
工場・オフィス等の電気料金の平均単価は約40%も上昇しており、この上昇傾向は続くと報告されており、今後も電気料金を押し上げる大きな要因となることが確実視されています。

osusume_illust02

つまり電気は「買う」より「創り」、自分で「使う」時代

buy01
buy02

自家消費型太陽光発電システムなら、電力会社から購入する電気を減らすことができます。
蓄電池を組み合わせピークシフトを行うことで、基本料金の削減も可能になります。

電気料金の削減イメージ

それぞれの建物の折板屋根に太陽光発電を設置し、従来の電力会社から電気を「自家消費型太陽光発電」に切り替えた場合

buy03_01
buy03_02
buy03_03

自家消費型太陽光発電 導入の6つのメリット

「自家消費型太陽光」は決して新しい技術では無く、固定価格買取制度の開始前はこの方式が主な太陽光の利用方法でした。 近年の「買取単価の低下」と「電気代の上昇」により、作った電気は「売電」ではなく「自家消費」させ、購入量を減らす方が メリットがある場合も増えてきており、時代の経過とともに、あらためて注目を集めています。

merit_01

電気料金を削減し 利益を創出する

電力の自家消費により電力使用量を大幅に削減します。毎日使う電気料金の削減は、直接、利益の創出につながるため、経営上とても重要なテーマの一つです。

merit_02

社内の省エネ 意識の向上

電力を見える化することで、電力の使い過ぎを防ぎます。社内で共通の省エネ意識を持つことで、更なる電力コストダウンに繋げる事が可能となります。

merit_03

環境貢献で企業価値が向上

地域へのPRや社員の環境意識向上など、太陽光発電の導入による環境貢献をCSR活動として投資家に向けて発信することができます。

merit_04

災害や緊急時の電源として活用

災害などの緊急事態が発生した際に、企業が損害を最小限に抑え 、事業の継続や復旧を図るために太陽光発電システムは非常用電源として機能します。

merit_05

屋根遮熱で冷房効率向上

太陽光パネルの設置により、屋根とパネルの間の空気層の断熱効果により、 空調負荷の低減効果が期待できます。夏は涼しく、冬は暖かい仕事場環境を作ります。

merit_06

建物の経年劣化を抑制する

常時雨風にさらされている屋根を太陽光発電設備が屋根を覆うことで、直射日光・雨・風から建物を守り、経年劣化を抑制し、メンテナンスコストを削減します。

税制の優遇を活用することで、 さらにメリットがアップします

自家消費型太陽光発電の設備投資には、「中小企業強化税制」のご利用が可能です。 経営強化計画を作成し、しかるべき申請先に申請をおこない、計画が認定されれば、即時償却または取得評価額の10%(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)の税額控除が選択適用できます。

merit

国の補助金制度も活用できます
また、設備の構成によっては、環境庁をはじめとした補助金制度の利用も可能です。国の補助金制度を活用する場合、対象費用の1/3〜1/2までの補助を受けることができます。

※補助金の受給資格の有無は設置する設備や申請者の諸条件により決定されます。
※年度ごとに補助金等の内容は変わります。

手続きから導入までの流れ

自家消費型太陽光発電の設備投資には、「中小企業強化税制」のご利用が可能です。 経営強化計画を作成し、しかるべき申請先に申請をおこない、計画が認定されれば、即時償却または取得評価額の10%(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)の税額控除が選択適用できます。

flow

電気料金明細をご用意ください
現在ご利用中の電気のご利用状況を把握させていただくため、毎月の電気料金等が記載されたご請求書のご用意をお願いいたします。

ご契約時にご確認いただく書類
ご契約時にご用意させていただく下記3種類の書面へのご署名、捺印をお願いします。その他書類にもご署名、捺印が必要になる場合もあります。

□ 電力需給契約書
□ 太陽光発電システム売買契約書兼建設工事請負契約書
□ 電力会社への申請書類

よくある質問

Q:太陽光発電の設置・導入に条件はありますか?
費用対効果の面で、十分なメリットをご提示できない場合もございます。 「屋根・屋上などに合計500㎡以上の日照スペースがある」かつ 「高圧での契約中である」等をひとつの目安としております。

Q:停電が増えるなどのリスクやデメリットはありませんか?
切り替えによるデメリットやご不便はありません。 電力会社を変えても、停電が多発したり、電気の供給が不安定になるといった ことはありませんのでご安心ください!

Q:切り替え先の電力会社はどこになりますか?
弊社提携の大手電力会社の中から、電気料金削減が大きく期待できる会社を 選定してご提案させていただきます。 ご希望の電力会社等の選定はできませんがご了承ください。

Q:設置・運用開始まで、どれくらいの期間がかかりますか?
太陽光発電については、お手続き、認可、施工などがございますので、 お申込みをいただいてから、実際に太陽光発電が運転を開始するまでは おおよそ3ヶ月年~1年前後の期間を想定しております。

Q:申し込んだ後の流れはどうなりますか?
① 現在の電気料金などのヒアリング→② 現地調査(無料)→③ ご提案(御見積り)→④ ご契約→⑤ 電力会社との協議等→⑥ 設置工事→⑦ 運転開始 の流れで進行させていただきます。

施工事例

ex_01

● 埼玉県K町 Y株式会社様
● モジュール:サニックス(40.56kW)
● 予想年間発電量:47,069kW

ex_02

● 埼玉県鴻巣市 株式会社N様
● モジュール:カナディアンソーラー(92.34kW)
● 予想年間発電量:90,356kW

ex_03

● 群馬県S町 K様
● モジュール:ハンファQセルズ(56.42kW)
● 予想年間発電量:61,795kW

ex_04

● 埼玉県深谷市 株式会社A様
● モジュール:ソーラーフロンティア(49.5kW)
● 予想年間発電量:61,614kW

ex_05

● 埼玉県本庄市 有限会社T様
● モジュール:ソーラーフロンティア(758.88kW)
● 予想年間発電量:967,846kW

ex_06

● 埼玉県深谷市 株式会社N様
(ソーラーシェアリング営農型 高圧発電所)
● モジュール:ソーラーフロンティア(300.0kW)
● 予想年間発電量:356,270kW

contact

TOP