太陽光発電の発電量を最大化するポイントとは

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

太陽光発電の発電量を最大化するポイントとは

カネザワ太陽光ブログ

2021/06/14 太陽光発電の発電量を最大化するポイントとは

1

 

こんにちは。

 

今回は太陽光発電についてご紹介させていただきます。

 

太陽光発電の導入が現在進んでいますが、実際どれくらいの発電量があり、方角や屋根との

関係性はどのようになっているのでしょうか?

 

この知識をうまく活用することで、太陽光発電の発電量を最大化することができます。

 

今回は、太陽光発電をフルに活用するためのポイントについてご紹介させていただきます。

 

・太陽光発電の発電量はどういう仕組みで決まるの?

・発電量と方角や屋根は関係するの?

・太陽光発電を最大化するポイントとは?

 

太陽光発電に関してこのような疑問を持っている方は、是非最後までお読みください。

 

2

 

太陽光発電の発電量を知ることは非常に重要です。

発電量を知ることで、導入後のシミュレーションができ削減できる電気代や売電収入を

把握することができます。

まずここでは、発電量はどうやって決定されるのかということについてお話していきたいと

思います。

 

ではそもそも一日の発電量はどのようにして決まるのか、計算式は以下の通りです。

 

発電量=一日当たりの平均日射量(H×システムの容量(P×損失計数(K

 

つまり、発電量を決めるうえで大切になってくるのは「太陽光パネルの発電量」と

「システムによるロス」の二つです。

 

しかし、「システムによるロス」はモジュールによるところなので、この数字を

変えるためには根本的にパネルを変える必要があります。

なので、発電量の最大化の上で非常に大切になってくるのは「太陽光パネルの発電量」を

上げることなのです。

 

そして、その「太陽光パネルの発電量」にかかわる要素の一つが「一日当たりの平均日射量」であり、それに関わるのが方角や屋根となります。

 

次項では、発電量と方角・屋根との関係性について説明していきます。

 

3

 

先ほどもお話ししたとおり、発電量に方角は大きく関係しています。

 

4

 

こちらが、南側の発電効率を100としたときの各方角の発電効率を示した図です。

この図からも南側の屋根に太陽光パネルを設置することが、日射量の最大化に繋がることが

わかります。

これは、太陽光発電の出力を最大限に発揮できるのが真南に太陽が位置しているときであるというところが挙げられます。

 

逆に、北側になると出力が少なくなってしまうので、お勧めできません。

 

東側や西側でもある程度の出力は確保できますがが、やはり最大化の点からいうと南側に

太陽光パネルを設置することをお勧めします。

 

5

 

次にご説明させていただくのは、発電量と屋根の関係性についてです。

 

屋根の種類は主に4種類あります。まずはそれらの屋根の形状と太陽光発電の向き不向きに

ついてご説明します。

 

1.片流れ屋根

一つの方向にだけ傾きのある一面の屋根のことです。

傾斜が南に向いている場合は、広い面積を活用して太陽光発電ができるので向いていますが、北側に斜面があった場合は日射量が非常に少なくなってしまうため、お勧めできません

 

2.切妻屋根

日本でよく見かける形の屋根であり、2方向に広い斜面があるため比較的広い面積を使える

メリットがあります。広い斜面のどちらかが南を向いていることが理想的ですが、東西に

向いていたとしても一定の発電量は確保できることからお勧めといえます。

 

3.寄棟屋根

こちらも日本ではよく見かけるタイプの屋根です。こちらも広い斜面が南を向いていることが理想ですが、そうでない場合でも一定の発電量を確保できるためお勧めといえます。

 

4.陸屋根

傾きのない平面な屋根のことです。屋根自体に傾斜がないため、傾きを作る必要があり

設置難度は少し高いですが、角度や傾きが調整できることから太陽光パネル設置には

向いているといえるでしょう。

 

次は角度についてです。

 

太陽光パネルを設置する時には確度を付けて設置する必要があります。

野立ての太陽光発電の場合は架台で角度を付けて設置する必要がありますが、屋根の上に設置する際は、屋根の角度を利用して設置するのが一般的です。

 

発電量が最大になる角度は30度がベストであると言われていますが、方角より発電量に及ぼす影響は少ないといえるでしょう。

 

6

 

まとめると

 

・発電量は「太陽光パネルの発電量」「システムによるロス」で決まる

・方角は南向きがベスト

・屋根は南に大きな屋根があり、角度30度ものが向いている

 

ということが、太陽光発電の発電量を最大化するうえでのポイントです。

 

あくまでも上のポイントは、最大化においてのポイントなので、上記の条件を

満たしていなかったとしても、ベターな条件を見つけることがポイントだと思います。

 

是非、太陽光発電パネル設置や物件選びの参考にしていただければ幸いです。

 

弊社では群馬県、埼玉県を中心に自家消費型太陽光発電を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください!

また、太陽光発電や企業のお役立ち情報を無料でダウンロードいただける資料もご用意して

おります。興味のある方はこちらからご覧ください!

 

無料お役立ち資料請求

TOP