野立て太陽光

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

野立て太陽光

野立て太陽光(産業用太陽光)

産業用太陽光発電の仕組み

産業用太陽光発電 埼玉で太陽光を使った太陽光発電を推奨しているカネザワです。 産業用太陽光発電とは、遊休土地や空き地、畑・耕作放棄地などを利用して架台(モジュール取付架台)を設置し、太陽電池モジュール(太陽光パネル)を並べて、発電するというものです。 発電容量が10KW以上のシステムを構築すれば、全量買取制度のご利用が可能になり、住宅用の余剰電力とは違い、生み出した電力はすべて電力会社が買い取ってくれます。 買い取り金額は現在18円/kWh(税抜き)で、設置後20年間は固定された金額で買い取りが行われ、安定した産業になることが見込めます。  

シミュレーション例

18sim 太陽光発電を活用した利回りのシミュレーションの例をご紹介します。 例えば、ソーラーフロンティア製「SF175-S」を用い、設置条件は真南方向、勾配20度、地点は伊勢崎で、売電金額は20年間固定で18円/kWhとします。 すると毎月の売電量は551.85kWと予測でき、売電金額は年換算で1,191,996円(税抜)になります。 これを基に太陽光設置費用を1,100万円程と想定した場合、利回りは約10.8%です。 設置費用が、オプション内容や設置場所の状況などで異なることや、固定資産税や待機電力料金が必要なことを考慮したとしても、この利回りであれば十分利益を出せる計算になります。

更に詳しいサンプルはこちらから

お問い合わせはコチラ 〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852
メールフォーム
img_cb

TOP