自家消費型太陽光 電気代の削減以外のメリットとは

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

自家消費型太陽光 電気代の削減以外のメリットとは

カネザワ太陽光ブログ

2020/01/10 自家消費型太陽光 電気代の削減以外のメリットとは

自家消費型太陽光のメリットとして大半のイメージは電気代の削減や非常用の電源として使用ですが、
実は他にもいくつかのメリットがあります。

ひとつはSDGsやRE100などの国際イニシアチブへの対策となり、企業価値を高めるのは勿論のこと、
ESG投資の呼び水となります。
また、新卒採用で苦戦されている企業様などはこれらに注力していることをアピールすることで、
学生などの関心を引き、採用率をあげた例もある様です。

工場立地法の縛りで敷地の空きスペースを有効利用できていない場合にも太陽光発電設備は緑化施設
とみなされるため空きスペースを有効活用できます。屋根に設置スペースがなくても自家消費型発電
が可能です。

太陽光モジュール(パネル)は遮熱効果がある事は割と御存じお客様が多いです。しかし遮熱効果だけ
ではなく、日射や風雨に直接さらされないため、屋根の痛みを抑える効果もあります。

自家消費型発電設備を設置するにあたり、資本金が1億円未満の中小企業向けの補助金が受けられることは
最近では知られる様になってきておりますが、以外と盲点なのは補助金受給が叶った場合の副産物です。
補助金が受けられたということは即ち、健全な経営がなされている企業という事が認められたという事を
暗に物語ります。このことをアピールすることによって企業価値は高まります。

この様に電気代の削減以外にも自家消費型太陽光を導入するメリットは様々ありますので、ご検討されては
いかがでしょうか?

カネザワでは随時、御相談・ご案内にご対応させていただきます。
ご連絡をお待ちしております。

TOP