地域脱炭素投資促進ファンドとは?

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

地域脱炭素投資促進ファンドとは?

脱炭素ブログ

2022/05/24 地域脱炭素投資促進ファンドとは?

皆さま、こんにちは!
埼玉で太陽光発電をするならカネザワにお任せください!

 

ファンドとは、複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行い、そのリターンを配分する仕組みです。金融機関から融資が集められない、または、稼動までのリードタイムが長期になるなど、事業リスクが高い場合、ファンドで融資し事業を開発するケースがございます。
脱炭素目標の実現と再生可能エネルギーの普及を加速させるため、
国から再生可能エネルギーに関するファンド事業補助金「地域脱炭素投資促進ファンド補助金」の運営・投資を行う事業者・団体に出資する「グリーンファンド」が出されています。

 

今回のメルマガでは、この「地域脱炭素投資促進ファンド補助金」から生みだされた、グリーンファンドについてご紹介いたします。

 

1:グリーンファンド事業の概要・目的

「グリーンファンド」とは、環境省が主導する「地域脱炭素投資促進ファンド事業」により設置された基金を活用した投資ファンドです。
地域において脱炭素化プロジェクトを推進する事業者(民間企業)となります。

 

そして補助金事業者は補助金を受ける際に、以下の条件を守る必要があります。
①:申請者が、基金事業を的確に遂行する技術的能力及び管理体制を有すること。
②:申請者が、民間事業者等による地域における地球温暖化対策のための事業への投融資の拡大等のため資金に係る普及促進を行う能力を有すること。

 

令和4年度、基金を運用する社団法人はグリーンファイナンス推進機構となります。

2:地域脱炭素ファンド事業の例について

このファンドの補助対象事業(再生可能エネルギー)はバイオガス、陸上風力、バイオマス、小水力、洋上風力、太陽光、地熱などになります。

 

太陽発電に関するグリーンファンドの一部事例は下記の部分となります。
時期 会社名 出資額(億円)
2016年10月28日 シャープ 1
2016年3月31日 洸陽電機 6
2015年11月9日 おらっていがた市民エネルギー協会 0.7
2015年8月6日 自然電力 3
2015年3月31日 エネルギープロダクト 1
2015年3月27日 スマートテック 0.4
2014年3月28日 会津電力 0.5
上記の事例に関して、地域にどのようなシナジー効果を与えられるのか、つまり出資意義は採用されるための一つの重要な要素となります。

 

例えば、株式会社シャープの申請案件について、この事業を行う意義は
①福岡県の地域復興計画に合致し、エネルギー分野から福島復興に寄与することができます。
②地元企業の協力を得られており、さらに売電収入を寄付する予定ですので、地域活性化効果が見込まれます。
③二酸化炭素の抑制・削減に貢献できます。(削減効果の予測は11,101tCO2/年となります)。

 

上記のように、事業の実行は地域の振興や脱炭素事業に確実な利益をもたらすことは重要な採点ポイントとなります。

TOP