令和5年度「補正予算」情報(太陽光)

カネザワ

0120-76-2245

〒367-0247 埼玉県児玉郡神川町大字元阿保852

lv

令和5年度「補正予算」情報(太陽光)

脱炭素ブログ

2024/02/22 令和5年度「補正予算」情報(太陽光)

こんにちは!

埼玉県で自家消費型太陽光発電を導入するならカネザワにお任せください!
本日は昨年12月に決定された令和5年度の補正予算情報について解説します。

 

ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

R5年度補正予算額82.11億円)

 

【目的】

PPAモデルを活用した自家消費型太陽光や蓄電池の導入支援を通して

ストレージパリティの達成を目指す

対象設備

①自家消費型太陽光発電システム

②蓄電池

③EV・PHEV

④充放電設備(V2H等)

補助率

%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e7%8e%87

※1戸建て住宅の購入モデルは対象外

 

【対象

民間事業者・団体等

【備考】

①蓄電池(V2H充放電設備を含む)が必須。

②太陽光発電は「完全自家消費のみ」となります。

 

 

新たな手法による再エネ導入・価格低減促進事業

R5年度補正予算額82.11億円)

 

【対象】

民間事業者・団体等

%e5%af%be%e8%b1%a1※計画策定:3/4(上限1,000万円)設備等導入:1/31/22/3

【備考】

①令和6年度より建材一体型太陽光発電の導入支援を拡充

 

 

<参考> 自治体向け

 

地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する公共施設への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

R5年度補正予算額20億円)

 

【対象】

地域防災計画により地域防災計画により災害時に避難施設等として位置付け

られた公共施設、又は業 務継続計画により災害等発生時に業務を維持する

べき公共施設(例:防災拠点・避難施設・広域防災拠点・代替庁舎など)

 

  • ①設備導入事業

再生可能エネルギー設備、未利用エネルギー活用設備、コジェネレーションシステム(CGS)及びそれらの附帯設備( 蓄電池、充放電設備、自営線、熱導管等)並びに 省CO2設備(高機能換気設備、省エネ型浄化槽含む)等を導入する費用の一部を補助。

  • ②詳細設計等事業

再生可能エネルギー設備等の導入に係る調査・計画策定を行う事業の費用の一部を補助。

%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e8%a8%ad%e8%a8%88%e7%ad%89%e4%ba%8b%e6%a5%ad

 

【備考】

①都道府県・指定都市による公共施設への太陽光発電設備導入はPPA等に限定

  • ②蓄電池としてEVを導入する場合は、通信・制御機器、充放電設備又は充電設備とセットで外部給電可能なEVに蓄電容量の1/2×4万円/kWhを補助。

 

 

補助金を受け取るためには書類の作成から補助金の受領までに執行団体と多くのやり取りを要します。

そのため公募開始直後すぐに申請ができるように今から動き出すことが重要となります。

 

また再エネ補助金に費やされている額が年々増加している背景には、国が脱炭素化に向けて動き出していることがあげられます。

世界的にも2050年に向け脱炭素化に取り組んでいるため、今後もさらに手厚い補助金が国から出されることが予想されます。

そういった今後の国の動きに対応できるよう、この機会に太陽光発電の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

弊社では太陽光発電において専門のスタッフが対応いたしますので、お得に太陽光発電の導入をご検討されている方はぜひお問い合わせください。

 

TOP